老化からくる頭皮の痒み

年を取ってくると若い頃のように体を上手く動かせなくなることや著しく肌にシワやシミなどの症状が見られるように、細胞の機能が少しずつ加齢によって弱くなっていきます。

 

そうするといつもカラダのどこかしらが悪いと訴える機会も多くなりますが、この加齢と頭皮が痒いことにも何か関係があるのでしょうか。

 

肌はセラミドによって雑菌の侵入を防いだり、乾燥を防ぐことができていますが、そのセラミド自体も加齢によって収縮し、肌と肌の間に隙間ができるようになります。そうすると雑菌が簡単に肌に侵入してしまい、その結果炎症を招くことも少なくありません。また乾燥した肌はひび割れを起こしやすくので、それが頭皮の痒みを感じさせることにつながります。

 

また老化現象によって免疫機能が低下することで頭皮に細菌が繁殖しやすくなることが理由の一つとしてあり、特に皮脂の分泌が多い人になると餌もそれだけ多くあるので細菌にとってはこれ以上ない良い環境になってしまいます。

 

頭皮が痒い状態に対しては専用のシャンプーを使用することによってある程度の改善効果は期待することができます。ただし痒みの原因ときちんと合っているシャンプーを使用しないと逆効果になってしまうこともあるのでシャンプー選びについては注意する必要があります。

 

食事から脂肪分をたくさん取ってなくても頭皮の皮脂がたくさん分泌されて痒くなる人は中にはいます。これは加齢によって自律神経の働きに乱れが生じている可能性が高く、特に更年期障害などホルモンバランスが崩れやすい時期にこういった症状は珍しくありません。

 

この場合はシャンプーをして頭皮の環境をきれいに整えることも大切ですが、それだけでは十分な効果を発揮することができない場合もあります。食生活の改善や適度な運動などを取り入れながら自律神経の働きを正常化させること、ホルモンバランスを整えることが改善方法としては近道だと言えるでしょう。

 

やっと見つけた!痒みを抑えるシャンプー
コラージュフルフルは頭皮の痒み・フケに効くシャンプーです。コラージュフルフルがどんなシャンプーなのでレビューを書いたので参考にしてみてください。