頭皮にかゆみを伴う病気とは?

頭皮にかゆみを伴う病気の中で一番有名なのがおそらく脂漏性皮膚炎ではないでしょうか。別名では脂漏性湿疹とも呼ばれ、頭皮が痒くて皮膚科で診断してもらうとよく聞く病名だと思います。実は脂漏性皮膚炎以外にも頭皮が痒くなる病気はいくつもあります。

 

アトピー性皮膚炎

遺伝的にアトピー体質を持っている人が起こしやすい皮膚炎で、強いかゆみを伴い、頭皮や首、肘やひざの内側など皮膚が弱いところに発疹します。アトピー体質とは、アレルギー体質と皮膚の防御力が弱い状態があわさったもの。アトピー性皮膚炎の場合は慢性的に乾燥している肌に、アレルゲンであるハウスダストや花粉、ダニ、動物の毛などがついてしまうと、肌にバリア機能がないためカラダは炎症を起こします。この症状がくり返し起こることがアトピー性皮膚炎の特徴とも言えます。

 

治療としては、まず肌を保湿して体内にアレルゲンが入らないようにすること。肌の状態にもよりますが、湿疹に有効なステロイド系の塗り薬とアレルゲンにカラダが過剰に反応しないように抗ヒスタミン剤を使用することもあります。あとは普段の生活でこまめに掃除をするなど、アレルゲンを遠ざけることも大切です。

 

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎には「刺激性皮膚炎」と「アレルギー皮膚炎」の2つがあり、それぞれ炎症を起こす原因は違います。刺激性皮膚炎はアレルギーとは関係なく、触れたものの毒性によって起こる炎症です。例えば、毒を持っている草に触れたり、虫に刺されたりすることで起こります。

 

それとは別にアレルギー皮膚炎は自分のアレルゲンに対して肌が炎症を起こしてしまうもの。アトピー性皮膚炎とは違い、アレルゲンを把握し除去することで比較的簡単に治療することが可能です。接触性皮膚炎は原因物質に触れてからすぐに発症することが多いので、どの物質に触れたか調べることが治療の近道になります。

 

じんましん

じんましんとは、赤みを伴う湿疹ができるのは他の炎症と同じですが、数時間単位で発症をくり返すことが特徴です。例えば朝にじんましんができたのに、夕方には跡かたも無くなり、また翌日に発症することも・・・。。じんましんはアレルギー性ものと非アレルギー性ものものに分かれ、アレルギー性のものはソバやタマゴなどアレルゲンを食べたときや触れたとき、それから薬を飲んだときの副作用で起こることもあります。

 

非アレルギーのものは、肌を引っ掻いたときやベルト、下着など、強い締めつけがある箇所にもよく見られます。温度差が激しい場合や紫外線を浴びた部位にも発疹する場合があるようですね。

 

じんましんは体内に入ってきた異物を排除するためにヒスタミンが放出されることで起こります。このヒスタミンは血管を膨張させる作用があり、その結果血液中の水分があふれ出てるので湿疹ができるのです。ヒスタミンはかゆみを感じる神経を刺激するのでじんましんが発症すれば強いかゆみも出てきます。湿疹とかゆみはヒスタミンが作用しているので、過剰なアレルギー反応を抑える抗ヒスタミン剤を打つことで鎮静化させることができます。

 

円形脱毛症

頭髪の1部、もしくはすべてが抜けてしまう症状で、男性や女性の性別だけではなく、年齢に関係なく発症する病気。発症する原因はいろいろありますが、いまは自己免疫疾患が原因と考えられています。これは本来リンパ球はカラダに害を及ぼす細菌に働くものですが、あやまって毛をつくる毛乳頭細胞を攻撃してしまうことで髪が成長を止めてしまうこと。

 

なぜこのようなことが起きるかはまだ分かっていません。ストレスが原因とも言われていますが、ストレスが円形脱毛症のどの部分に作用しているかなども不明のままです。湿疹はありませんが、中にはかゆみをうったえる人もいます。

 

乾癬(かんせん)

頭部を含めて全身に発疹する病気。乾癬も円形脱毛症と同じくなぜ発疹するのかまだ解明されていませんが、遺伝的要因が強いと考えれています。また不規則な生活習慣や食生活、睡眠不足、ストレスなど複合的な要因で発疹する場合もあります。ステロイド剤と抗ヒスタミン剤を併用して治療していくのが一般的ですね。

 

頭皮にかゆいを伴う病気だけでもこれだけあります。頭皮が痒くなる病気として一般的なのは「脂漏性皮膚炎」ですが、中には違う病気もあることを頭に入れておくことで柔軟に対処することができます。いま治療している頭皮のかゆみがなかなか治らないのであれば違う病気を疑ってみましょう。

 

やっと見つけた!痒みを抑えるシャンプー
コラージュフルフルは頭皮の痒み・フケに効くシャンプーです。コラージュフルフルがどんなシャンプーなのでレビューを書いたので参考にしてみてください。