痒い頭に育毛シャンプーを使うとさらに痒くなる

頭が痒い人には意外と薄毛の人が多いことを知っていましたか?頭皮が痒いということは、髪をつくる土壌である頭皮環境が不健康だということ。当然そのような頭皮には丈夫な髪が生えるわけでもなく、細い髪しか生えてきません。

 

ここで多くの人がしてしまう間違いは、頭皮の痒みを治す前に薄毛対策してしまうことです。例えば育毛シャンプー。薄毛対策で最も一般的なものですが、選ぶものによっては頭皮の痒みを加速させてしまうものもあります。とくに選んではダメな育毛シャンプーは皮脂を根こそぎとってしまうもの。皮脂を取り過ぎてしまうと頭皮は乾燥し、ひび割れを起こします。その細かい痛みは痒みとして感じるので頭皮が痒いと感じるんです。さらに乾燥している肌は皮膚を守る力が落ちているので、雑菌が繁殖しやすく、脂漏性皮膚炎になることもあります。

 

育毛シャンプーのほとんどはアミノ酸系の洗浄成分を使用しているため、皮脂をごっそりとってしまい、頭皮を乾燥させてしまうものは多くはないかもしれません。しかし育毛シャンプーに含まれる育毛成分は弱っている頭皮にはあまり良くありません。痒くなっている頭皮はどんな成分にも反応しやすくなっているので、育毛成分ですら過敏に反応して痒みを生んでしまう可能性があります。また育毛シャンプーは頭皮を洗いながらシャンプーに含まれる育毛成分を吸収させることを目的にしているので、長い洗髪によって頭皮にダメージを与えてしまうこともあります。

 

育毛シャンプーがダメなのであれば、もちろん育毛剤もNG。育毛シャンプーよりもはるかに濃い育毛成分に頭皮は間違いなく反応してしまいます。まずは頭皮の痒みを解決し、育毛成分をしっかり吸収できる頭皮環境を整えてから、育毛シャンプーや育毛剤を使うようにしましょう。

 

やっと見つけた!痒みを抑えるシャンプー
コラージュフルフルは頭皮の痒み・フケに効くシャンプーです。コラージュフルフルがどんなシャンプーなのでレビューを書いたので参考にしてみてください。

 

 

 


育毛シャンプがNGのわけ

頭が痒い場合に対策としてシャンプーを使用する方法がありますが、最近は育毛シャンプーにも頭皮の痒い原因を取り除く効果があるタイプも増えているので、これを使用することによって頭皮の改善効果を促すことができて、さらには薄毛予防にもつなげることができます。頭髪が薄くなる原因で多いのはストレスによるものや男性だとAGAによる薄毛の症状も多くなっており、放っておいても進行性の薄毛になってくるので何らかの対策をしないと薄毛の症状は悪化の一途を辿ることになります。一般的にストレスが起因して起こると言われているこの症状ですが、生活習慣病との関連性も非常に高いと言われており、特に食生活が乱れて頭皮に皮脂がたくさん分泌されるようになると細菌が繁殖して薄毛を促すと言われています。このような状態に対して育毛シャンプーを使用することで皮脂を流すことができるため薄毛の予防をすることができますが、かえって皮脂の流し過ぎによって皮膚の乾燥を促してしまうことがあります。皮膚が乾燥することでも頭皮が痒い状態になることがありますが、乾燥があまりにも続く場合も薄毛の原因を作ってしまうことがあります。頭皮は皮脂によって湿潤や乾燥状態のバランスを取っており、過剰分泌されるということは何らかの異変が起こっていることに違いはありませんが、それを取り除いてしまうとふりこのように乾燥化や湿潤化が極端に進みやすくなることがあるので注意が必要です。