痒い頭に逆効果のシャンプーに注意

つい頭が痒いときに使ってしまいそうなシャンプーにトニック系のシャンプーがあります。基本的に皮脂の多い男性が使うことが多いトニック系シャンプー。メントールを配合しているものでは頭がスーっとするので一時的に頭皮の痒みを抑えてくれます。

 

しかしトニック系シャンプーは皮脂や汚れを落とす洗浄力が強いことから乾燥をまねいてしまう恐れもあります。頭皮が痒くなる原因の1つは「乾燥」です。洗髪した直後は問題ないとしても頭皮が乾燥してくるにつれて痒みぶり返してくるので根本的な改善にはなりません。
また頭皮や髪に良い栄養成分が入っているからと言ってむやみに育毛シャンプーを使用するのもやめましょう。頭皮が痒いということは頭皮環境が悪化していることなので、育毛シャンプーに配合されている栄養成分は吸収できませんし、最悪はその成分に頭皮が過剰に反応しまう可能性があります。

 

育毛シャンプーの中でもアミノ酸系洗浄成分を使用していたり、アレルギーテストを行っているものもあるので、頭皮に刺激があまりないシャンプーであれば使っても問題ありません。しかし頭皮の痒みを解決するわけではないので、どうせシャンプーをするなら痒み専門のシャンプーを使うことをおススメします。

 

痒み専門のシャンプーとは、圧倒的に低刺激で、乾燥に配慮した成分が配合おり、脂漏性皮膚炎などの痒みの原因ともなる雑菌やカビ抑制成分が入っているものがよいでしょう。

 

わたしが頭皮が痒いときにお医者さんから教えてもらったのがコラージュフルフルというシャンプー。名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、①低刺激②乾燥防止③雑菌・カビの抑制のすべてを満たしているシャンプーです。2週間くらいは使い続ける必要がありますが、徐々に頭皮の痒みが引いていくのがわかります。コラージュフルフルについてはトップページでも紹介しているので参考にしてみてください。

 

やっと見つけた!痒みを抑えるシャンプー
コラージュフルフルは頭皮の痒み・フケに効くシャンプーです。コラージュフルフルがどんなシャンプーなのでレビューを書いたので参考にしてみてください。

 

 

 


逆効果のシャンプーとは?

痒い頭に効果的なシャンプーはたくさん販売されていて、ドラッグストアや薬局で購入することができるだけでなく、オンラインショップでも購入することが可能になっているので、お店で販売されているものだけでなく他にもいろいろな商品を比較して購入を考えたい場合はオンラインショップが便利です。購入についての注意点としては購入しようとしているものが本当に自分の症状に対して効果があるのかどうかというのを調べてから購入するという点で、その商品が人気ランキング一位のものであっても自分の頭皮トラブルに効果を発揮しないのでは意味がありません。例えば痒い頭の原因が皮脂の過剰分泌によって起こっている場合に乾燥肌対策用のシャンプーをしても逆効果になり、皮脂の分泌を促してしまうことによってさらに頭皮の状態が悪化してしまう可能性があります。また、同じように乾燥することで頭皮がカサカサして痒いという場合に皮脂を洗い流すタイプのシャンプーを利用するとさらに乾燥を促してしまうことになるので、より症状は悪化してしまうというものです。自分できちんと原因が分かっているのであれば、それにマッチした商品を購入することができますが、分からない場合は皮膚科に受診をして医師にきちんと診てもらう必要もあります。頭皮のトラブルは体内から起こることも多く、特に日頃の食事や睡眠、運動不足などが起因しているケースが少なくないので同時に生活習慣の見直しも心がけましょう。