頭皮の乾燥が痒みを生む?

現代人の体は常に脱水症状だと言われています。それはコーヒーやお茶などを利尿作用が高いものをお茶代わりにしたり、夜はビールを飲むのでさらに体の水分が排出されます。この乾燥状態が最近では頭皮にも現れるようになってきました。

 

頭皮が乾燥していると痒くなることもそうですが、それ以外にも様々な問題を引き起こします。もし以下の項目に当てはまるのであれば注意が必要です。

 

乾燥が引き起こす6つの症状

①頭皮がピリピリ・ヒリヒリする

②頭皮につっぱり感があること

③頭皮が赤くなっていることが多い

④痒みがあって、掻くとフケがでる

⑤髪はパサつき、ゴワゴワする

⑥夕方になぜか頭皮や髪がベタついている

これらは頭皮が乾燥しているとよく起こる症状です。

 

あなたはいくつ当てはまったでしょうか?この状態をずっと続けていると、頭皮のバリアー機能がなくなり、雑菌の繁殖にもつながり、脂漏性皮膚炎アトピー性皮膚炎に発展することもあるので甘くみてはいけません。

 

それでは頭皮が乾燥するとなぜ①~⑥の状態になってしまうのでしょうか。

頭皮の乾燥によって起こる症状について

頭皮にピリピリ・ヒリヒリするような違和感、痛みを感じる原因はなんでしょう?
おそらくそれはお風呂から上がって1、2時間経ったときに感じるのではないでしょうか。

 

これは洗浄力が高いシャンプーで頭皮を洗ったときに起きる症状で、乾燥によって頭皮の角質がめくり上がり、皮膚の下の神経を刺激しているのでピリピリ感じるのです。

 

市販で売られいるシャンプーはよく洗浄力が強いと言われています。確かに成分表を見ていると洗浄力の強い界面活性剤が含まれていることが多いです。

 

界面活性剤とは、本来混じりあわない「水」と「油」をとりもって溶けたあった状態を作り出すもので、この作用を利用して良く伸びて肌に定着する乳液やクリームが開発されたり、食器などについた油を落とすための洗剤に使われたりします。

危険な界面活性剤とは?

一概にすべての界面活性剤が悪いわけではありませんが、シャンプーで使われているものについては、少なからず乾燥を引き起こす原因になっていると言えます。とくに成分表に以下の成分が含まれているものは用注意です。

 

 

  • ラウリル硫酸Na(いま現在はほとんど使われていない。)
  • ラウレス硫酸Na・TEA
  • オレフィンスルホン酸
  • パレスー3硫酸Na

 

 

この洗浄成分の特徴は圧倒的な洗浄力と脱脂力です。これらの成分は安価で手に入り、かつ洗浄力も強く、高い泡立ち可能にするので愛用する会社が多いです。

 

あの頭皮に優しいと言われるメ○ットやTUBA○KIにも使用されているから驚きますよね。

 

このシャンプーを使ったあとは頭皮に必要な皮脂がゼロになります。一見清潔で良さそうですが、頭皮に潤いを保つ皮脂までも洗い流してしまいます。

 

時間が経てば経つほど乾燥し、その結果皮膚の間に隙間が生まれ、その隙間から神経を刺激することになります。

頭皮がつっぱる原因は?

頭皮がつっぱる症状もシャンプーが原因と言っていいでしょう。
想像してみてください。洗剤で食器を洗ったあとに手に何も塗らずに放っておいたらどうなりますか?

 

なんだかパサパサして皮膚がつっぱているように感じますよね。洗浄力に強いシャンプーで洗うと同じ状況があなたの頭皮にも起こっています。

 

人間の体は水分が60%を占めています。だからこそ、しなやかに柔軟に動くことが可能なのですが、水分が減少すると途端に肌はしなやかさを失い、硬くなります。

 

乾燥した手もハンドクリームを塗らなかったら、指を曲げたときに傷が生まれますよね。それは肌が乾燥し、柔軟性を失ってつっぱっているからです。

頭皮の乾燥の症状は他に何がある?

頭皮が赤くなる原因としては、雑菌によって頭皮が炎症を起こしていることがあります。頭皮の乾燥によってバリアが無くなることで頭皮内に雑菌が侵入し、カラダが過敏に反応することで頭皮が赤くなります。またはシャンプー、リンスが頭皮に合っておらず、かぶれていることも多いですね。

 

特に現代人はパーマやカラーリングをする人が多いので、頭皮が乾燥している状態でパーマ剤やカラー液が頭皮につくと化学物質が頭皮の奥まで浸み込んでしまいます。そうすると頭皮は赤く腫れてしまいアレルギー症状を引き起こすことがあります。

 

そのときは一度皮膚科に相談することをおススメします。その状態でシャンプーを使っても頭皮環境を悪化させてしまう可能性があるので、しっかり相談して問題なそうであれば医師が勧めるシャンプーを使用するようにしてください。

 

頭皮が乾燥することで出るフケはどちらというと粉ぽいサラサラしたフケが多いですが、この状態が長く続くと状況は変わってきます。

 

頭皮は皮脂がないと水分が出っぱなしになってしまうので、自分で自分を守るために過剰に皮脂を分泌するようになります。

 

そうすると脂っぽい固まったフケで出るようになってきます。そしてそれを改善するために洗浄力が強いシャンプーを使う→乾燥する→更に皮脂を多く分泌するようになる。
・・・という悪循環を招いてしまいます。

 

この頭皮環境の悪循環を続けていればゆっくりと確実に頭皮の痒みは進行していきます。そうならないためにもまずは簡単に改善ができるシャンプーから初めてみてはどうですか?

 

やっと見つけた!痒みを抑えるシャンプー
コラージュフルフルは頭皮の痒み・フケに効くシャンプーです。コラージュフルフルがどんなシャンプーなのでレビューを書いたので参考にしてみてください。

 

 

 

頭皮の乾燥が抜け毛の原因

頭皮・髪の毛の悩みを最重要課題として、「洗浄」「保湿」「栄養補給」にこだわって開発しました。頭皮の脂っぽさや頭皮の臭いが気になる方、また頭皮が乾燥して痒さに苦しんでいる方、パーマとカラーで頭皮と髪が傷んでいる方、薄毛や抜け毛に悩んでいる方ににおすすめしたいシャンプーです。最近では生活習慣・食生活の変化、ストレスによって20代の若い男性でも薄毛・抜け毛の悩みはよく聞くようになりました。悩める男性から何度もアンケート・市場調査を繰り返し、たどり着いたのが「信頼できるシャンプー」で毎日しっかり頭皮のケアをすること。そこで5つのこだわりをもって開発に取り組みました。1つ目は独自に技術で炭化させたクレイ(泥)を使用しました。それにより優れた洗浄効果が生まれ頭皮の汚れ、皮脂を吸着をさせて頭皮の健康に保ちます。2つ目は防腐剤やシリコンを一切使わず、頭皮と髪の毛にやさしいものだけを使用しました。3つ目はアミノ酸系洗浄成分配合により、低刺激で敏感肌な方でも安心して使用していただけます。4つ目は頭皮を髪に潤いと栄養を与える天然成分をたっぷり使用してるのでリンスは不要です。最後の5つ目は「洗う」だけじゃなく泡による「3分パック」によって頭皮に潤いをもたらし、育毛のための環境を整えます。いままでの育毛シャンプーに納得できなかった方はぜひお試しください。