イライラは頭皮の痒みから生まれる?

頭皮の痒みが慢性的なものになってくると、イライラすることが多くなります。いつもイライラしていることはストレスをため込むことになりますし、思わず頭皮を引っ掻いてしまえば頭皮の痒みを悪化させることにもつながります。

 

頭皮の痒みからくるイライラをなんとか解消する方法について考えてみました。

 

◎急に襲ってくる頭皮の痒み対処法とは?

①保冷剤で頭皮を冷やす

痒みというのは体温が上がると増してくるもの。例えばお酒を飲んだときやお風呂上がりなどカラダが熱を持つと痒くなる場合があります。この場合は保冷剤で頭皮の痒い箇所を冷やしてみてください。一気に痒みが引いていきます。直接頭皮に保冷剤をつけることに抵抗がある方はハンカチなど巻いて使うとよいでしょう。

 

②水で冷やす

お風呂上がりの頭皮が痒くなりやすいのは、体温の上昇と乾燥が同時に進行していることが原因です。それを簡単に防ぐ方法はお風呂上がりに頭を水で冷やすこと。水で冷やすことで痒みを抑えることもできますし、頭皮を引き締めることで乾燥も防ぐことができるのでおススメです。

 

③保湿剤を使う

保湿剤を使うときは、1度頭皮を冷やしてから使うほうがいいでしょう。頭皮が痒いと感じて保湿剤を使っても痒みが治まるわけではないので、順番的には1度①か②の方法で頭皮を冷やし、そのあと保湿剤を使うことで持続的に痒みを抑えることができます。

 

保湿剤はそんなに高いものではなく、大きめのボトルに入っている化粧水で問題ありません。乳液だと保湿力は高まりますが、ベトつくので家から1歩も出ないのであれば乳液でもいいでしょう。

 

④掻くのではなく、揉む

どうしても我慢できない頭皮の痒みもあると思いますが、そのときは揉んでください。頭皮が痒いときに揉むこともあまり良いとは言えませんが、掻くよりはマシです。頭皮を揉んだあとは血行が良くなり、痒みが続くことになるので、ある程度揉んだら①か②の方法で頭皮を冷やしてください。その後に保湿剤で乾燥を防げば完璧です。

 

以上が急に頭皮が痒くなったときの対処法です。痒みは「冷やすこと」と「保湿すること」が重要!叩いたり、掻いたりするような刺激は痒みを増すだけです。上で書いてある方法でも痒みが治まらない人や血が出る掻いてしまう人は1度病院で診てもらったほうがよいでしょう。

 

やっと見つけた!痒みを抑えるシャンプー
コラージュフルフルは頭皮の痒み・フケに効くシャンプーです。コラージュフルフルがどんなシャンプーなのでレビューを書いたので参考にしてみてください。

 

 

 

頭皮の痒みはイライラの原因

頭皮が痒いことで起こる症状として落ち着きが無くなるという心理的な症状が見られることもありますが、頭皮が痒いとそこに気が向いてしまうようになり物事に集中することができなくなるといった症状になることもあります。頭皮が痒いので本能的に掻いている人を見かけることもありますが、そのような人の行動をチェックしていると落ち着きがなく見える人が多いと思います。気になり出すと自分に言い聞かせてもなかなか改善することはできないので、根本的な原因と向き合って改善を進めて行くことがポイントになりますが、慢性的に痒みが続いているという場合は皮脂の過剰分泌が原因になっていることが考えられるので、その場合は皮脂を洗い流して頭皮環境を整えることができるシャンプーの利用がおすすめです。医薬品や外用薬を使って改善するという方法もありますが、シャンプーだと継続的に少しずつ頭皮の環境を改善することができるというメリットがあり、何と言ってもお風呂に入る以上は忘れることもないのは長期改善を考える上で大きなメリットの部分になると思います。最近はさまざまなタイプのシャンプーが販売されているので費やすことができる予算や含有されている成分などをチェックして購入を進めて行くとよいでしょう。また、間違ったケアや対策をしてしまうと頭皮の痒みが治っても次は薄毛の症状が顕著に現れるようなパターンもあるので頭髪が薄い人は特に気をつける必要があります。