頭皮の痒みとフケの関係性

頭を掻くと頭からパラパラと落ちるフケ。頭が痒い人はフケにも悩んでいるのではないでしょうか。頭皮の痒みとフケにはいったいどんな関係があるのか調べてみました。

 

まずフケには2種類あります。フケにはパラパラと粉のような頭を掻くと頭からパラパラと落ちるフケ。頭が痒い人はフケにも悩んでいるのではないでしょうか。頭皮の痒みとフケにはいったいどんな関係があるのか調べてみました。

 

まずフケには2種類あります。フケにはパラパラと粉のような乾性フケとポロポロと粒のような、かさぶたのようなフケの脂性フケがあります。乾性フケは乾燥肌や敏感肌の方に多く、脂性フケはオイリー肌の方に多いのが特徴です。

 

乾性フケはなぜできる?

乾性フケは、簡単に言ってしまうと頭皮が乾燥している人に発生するもの。例えば1日に何度もシャンプーをしている人や普段からあまり水分をとらないの頭皮によく見られます。

 

フケとは、頭皮が傷ついたときにカラダが急いで新しい皮膚を再生させたのにうまく定着できなかった1部。肌の再生には28日間かかると言われていますが、急に回復しようとしても肌のコンディションが整っていないと皮膚になれず、フケとなって剥がれてしまいます。肌の状態を安定させるためには頭皮を潤わせておく必要があります。

 

脂性フケはなぜできる?

脂性フケは乾性フケとは逆に皮脂が過剰に分泌されている人に多く、もともろオイリー肌の人や油分を多く含む食事をしている人に見られます。できる過程は途中まで乾性フケと同じですが、脂性フケは油分を含んでいるため他のフケや汚れとくっつき大きくなります。

 

ある程度大きくなると頭皮から剥がれるため、かさぶたと勘違いする人も多いですね。対処法は余分な皮脂を洗い流し、頭皮が乾燥しないようにすること。乾燥すると皮脂が出やすくなるので脂性フケも頭皮の潤いが重要になります。

 

頭皮の痒みとフケの関係は?

頭皮が痒いからと言って全員にフケが出るわけでもありませんし、フケが出る人でもまったく痒みがない人もいます。しかし共通する点は頭皮環境が悪化しているということ。頭皮の痒みは人によって原因が違うので各々の原因にあった対処をする必要がありますし、フケについては体質、肌質改善をしていく必要もあります。

 

どちらかを先に治療するというよりも一緒に改善していくことがベストでしょう。頭皮の痒みとフケを治す近道として、製薬会社が開発した痒み・フケ専門のシャンプーもすでにあるので、すぐにでも改善したいという人は試してみるとよいでしょう。

 

やっと見つけた!痒みを抑えるシャンプー
コラージュフルフルは頭皮の痒み・フケに効くシャンプーです。コラージュフルフルがどんなシャンプーなのでレビューを書いたので参考にしてみてください。

 

 

 

頭皮の痒みとフケの関係

黒い服を着用している場合に背中や肩回りが白っぽくなっている人は注意が必要で、この白く積もっているものの正体はフケと呼ばれるもので、頭皮が乾燥することによっても皮脂が増えることによっても発生することがあります。皮脂が増えることによって起こる原因としては過剰に分泌される皮脂に対して細菌が集まってそこで頭皮を傷つけてかさぶたなどを作り、それが剥がれてフケになることや皮脂そのものが酸化することによってフケになることがあり、頭が痒い状態になっていることも少なくありません。そのため、この場合はどんどん皮脂を洗い流すタイプのシャンプーを使用して対策を進めて行くことになりますが、頭が痒い人に向けられたシャンプーの中には皮脂が多い頭皮の人を考慮されて作られているものもたくさんあります。また、乾燥が原因でフケが発生している場合は皮膚の表皮が剥がれることによって発生するものですが、この場合も頭は痒い状態になるのでシャンプーを使って対策することをおすすめします。ただし、皮脂が多い人に向けられたものを使ってしまうと皮脂が洗い流されてさらに乾燥が進んでしまう可能性があるので、必ず乾燥肌の人が使用する専用のものを購入して使用するようにしなければなりません。また、放っておくと薄毛の症状に繋がるようなこともあるので少しでもフケが出ているような場合は日頃から意識して必要に応じて適切に対策を進めて行くことも必要になってきます。